エロ無料漫画館

最新!人気!のエロ漫画・アダルトコミックを無料で見られるサイトです!

「爆乳パイズリ風俗嬢は初恋の彼に処女を捧げたい」(宮本りず)

   

爆乳パイズリ風俗嬢は初恋の彼に処女を捧げたい

爆乳パイズリ風俗嬢は初恋の彼に処女を捧げたい

作家: 宮本りず
ジャンル: 単話 巨乳 処女 キャバ嬢・風俗嬢 童貞 パイズリ ブラウザ視聴 Android対応 iPhone・iPad対応



人気上昇中の宮本りずが一風変わった爆乳風俗嬢エロスでコミックグレープに再登場!!
小さい頃、巨乳好きな男の子のまーくんにおっぱい大きくなったら結婚してくださいと告白し、結婚の約束をした舞子(まいこ)。彼女はまーくんに巨乳になると宣言し、彼からおもちゃの指輪をもらったが彼は引っ越してしまった。何年か経って見事巨乳に育った舞子はパイズリ専門風俗「ずりあん庵」で昔からのあだ名の「パイ子」を名乗りパイズリ風俗嬢をしていた。そんな仕事をしているが、おっぱい目当てで襲いかかってくる男達をパイズリで回避し処女を守っていた舞子。自衛のためにパイズリを覚えたのに、いつの間にか生活のためにパイズリするようになってしまった舞子の心の支えは首から下げているまーくんからもらったおもちゃの指輪だけだった。風俗嬢をしているなんてどこで道を間違えたのか彼に合わせる顔がないと思っている舞子に新規の指名が入る。いつものように挨拶すると「舞子!」と突然お客に名前を呼ばれ抱きつかれてしまう。なんと新規客は舞子の事を捜していたまーくんだった。一度部屋を出て「はじめまして」と仕切り直し改めて挨拶する舞子。「覚えてないか俺の事」とまーくんに言われた舞子は彼を忘れた事はなかったが「お客様の勘違いだと思います」と答えてしまう。舞子はせめて覚えていてくれたお礼がしたいと思い、いつも通りのお仕事パイズリを開始する。童貞のまーくんは一通りのパイズリ技を披露されてイってしまうが、舞子が首から下げている指輪が昔自分が渡した物だと気付く…。

⇒⇒⇒ いますぐ「立ち読み」ページで読む

「爆乳パイズリ風俗嬢は初恋の彼に処女を捧げたい」の続きはこちら

 - 宮本りず , , , , , , , ,